組子家具とは

  • 組子家具
  • 組子家具
  • 組子家具
  • 組子家具


山形伝統の熟練した組子技巧による「和モダン」で「ラグジュアリー」なオーダーメイド家具です。
無垢材をしっかり組んだディテールには〈堅牢さ〉と〈美しさ〉が溢れます。

組子家具の誕生

山形県の新しい県産品のものづくりの取り組みから沢山の諸先生、協力者、そして元天童木工開発部長であった菅澤光政先生のアドバイスを頂きながら試行錯誤の末、伝統的組子技術を後世に残すための「組子家具®KUMIKO Furniture」が誕生いたしました。

  • 菅澤 光政

    菅澤 光政
    Mitsumasa Sugasawa
    元天童木工開発部長

    日本を代表する
    インダストリアル・デザイナーである
    柳宗理氏と共に数々の名作を世におくる。

    1940年 東京都生まれ
    1963年 千葉大学工業短期大学部卒-天童木工入社
    1966年 デンマーク国立技術研究所にて研修
    1967年 [ヘロンシリーズ]グッドデザイン賞受賞
    1972年 [ヘロン・ロッキングチェア]
        (財)発明協会より発明賞受賞
    1996年 国井喜太郎産業工芸賞受賞

  • 伊藤

    伊藤 
    Show Ito
    伊藤建具製作所 代表

    日本屈指の伝統組子職人で
    組子技術を駆使した全く新しい和モダン
    組子家具®を開発し広める家具職人である。

    1949年 山形市生まれ
    2003年 県建具展示会 山形県知事賞
    2003年 全国建具展示会 近畿経済産業局局長賞
    2004年 全国建具展示会 佐賀県県知事賞
    2006年 山形県「伝統の匠」受賞
    2006年 組子家具®KUMIKO Furniture開発
    2011年 山形市伝統的工芸褒賞状受賞
    2017年 もの作りマイスター認定証

組子家具の3つの個性

和風モダニズム
Japanese Modern

20世紀中頃、イームズ夫妻、ジョージ・ネルソン、イサム・ノグチなど巨匠が活躍した
欧米生まれの家具やデザイン「ミッドセンチュリー時代」の遺伝子を汲んでいます。
シンプルで温かみのある家具のフォルム、天然無垢の木材、
そこに純和風の技術である「組子」を大胆に掛け合わせました。
全く新しい【和モダン】のアプローチです。

釘1本使わない美しく強い構造体
kumiko Structure

天然木の美しい組子家具をめざして、
出来る限り釘1本使わない美しく強い構造体を実現しました。
試作段階で念入りな【耐久性試験】を丹念に実施し、安全性と信頼性を向上しています。
※ディレクターズチェア等の仕組み上不可欠な一部の製品では、金属を使用する場合があります。

手作りにこだわるオーダーメイド品質
Craftsman Ordermade

ものづくりが大好きな組子デザイナー「ショー・イトウ」が 、山形の組子家具工房にて
たった一人で黙々と日々【家具づくり】に専念しております。
口べたで営業が苦手な私は、少しでもお客さまに「組子家具」で喜んでいただけるよう
伝統的な組子技術と一級建築士の知識をフルにつかい、
どんな小さなご要望にも耳を傾け〈手作りオーダーメイド〉にてサービスいたします。